知らないと損をする!遺留分減殺請求で最低限の財産を確保!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
遺留分減殺請求

相続の話の中で「遺留分減殺請求」という言葉を耳にしたけれど、どういう手続きをすれば良いのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

受け取るはずだった相続財産が、万が一受け取れずにいたとしたらどうされますでしょうか。
そんなとき、最低限受け取れる財産(遺留分)を得られる権利を取り戻す手続きを「遺留分減殺請求」といいます。

今回は、どのような時に遺留分減殺請求を行うのか、またどのように財産を取り戻し解決していくのかについて詳しく解説をいたします。
何とも難しい専門用語のようですが、わかりやすくお伝えいたします。

スポンサードリンク

1.遺留分減殺請求とは

法定相続人として、最低限度の財産を得られる権利を取り戻すことが、「遺留分減殺請求」です。

法定相続人(兄弟姉妹等を除く)には、たとえ遺言によっても強行できない最低限度の遺産に対する取り分が確保されています。

これは、後程ご説明する「遺留分」というものですが、簡単に言えば、その遺留分について、「自分が受け取れるはずの財産が他の人に渡ってしまった場合に、一定額については、戻してください!」という行為が、「遺留分減殺請求」ということです。

財産を取り戻すためには、遺留分が侵害されていることを確認して、一定額を戻してほしいと主張をすることから始まります。

仮に、経済的にも困ることのない生活を送っている人にとっては、大した問題にならないのかもしれませんが、いずれにしても、その権利を放棄するかまたは主張していくかの選択になります。

2.遺留分とは

遺留分とは、法定相続人に相続財産の最低限度の取り分を保障しようという制度です。

遺留分が認められるのは、法定相続人のうち「直系血族」と「配偶者」のみです。
法定相続人であっても,「兄弟姉妹等」には遺留分は認められていません。

2-1.遺留分の割合

相続人に与えられている遺留分の割合は、民法により以下の通り定められています。

① 直系尊属(被相続人の父母等)のみが相続人であるときは、法定相続分の1/3
② その他の場合には、法定相続分の1/2

遺留分減殺請求

2-2.遺留分が問われるケース

実際に、遺留分の侵害はどのように起こるのでしょうか?
事例を用いて説明してまいります。

2-2-1.遺言書で遺留分が侵害されているケース

<事例>
父が4,800万円の財産を遺し2か月前に亡くなった。

父は遺言書を遺しており、妻に法定相続分に合わせて1/2の2,400万円、そして長女に母の老後を見てもらうことを想定して、やはり2,400万円相続させることを伝えている。

次女は、10年以上家を出たまま音信不通となっているので遺言書には記載しなかった。
いないものと考えていたところ、父の死後、突然現れ自分にも相続の権利があると主張し始めた。

この事例では、次女の法定相続分1/4のうち1/2が遺留分となり600万円が次女の請求できる権利になります。

次女は、遺留分を侵害している長女に対してこの権利を主張することができます。
双方の話し合いで折り合いがつかなかった場合は、調停や裁判ということになります。

遺留分減殺請求

遺留分減殺請求
※画像をクリックすると拡大表示されます

2-2-2.生前贈与で遺留分が侵害されているケース

<事例>
2か月前に父親が他界し、妻と2人の子供(長男・次男)が遺された。

長男は結婚し、父が亡くなる半年前に6,000万円の評価額になる家と土地を譲り受けた。

相続が発生した時点では、父の財産は現金預金が2,000万円だけとなっていたが、遺産は法定相続分で分けるようにとの遺言が遺されていたため、妻に1/2の1,000万円、長男・次男にそれぞれ500万円ずつの遺産分割を行う予定だ。

しかし、次男は、独身で両親の家に同居しており、その金額には不満があるため、遺留分について調べている。

この事例では、亡くなる1年以内に生前贈与をしているため、遺留分減殺請求の対象となります。
となると、遺産と生前贈与の額を合計した8,000万円が計算の対象となりますので、次男の遺留分は1,000万円になります。

この場合、次男は財産を多く受け取った長男に差額の500万円を請求することができます。
双方の話し合いで折り合いがつかなかった場合は、調停や裁判ということになります。

なお、遺言書の内容に妻も納得していなければ、妻の遺留分は2,000万円ですので、妻も長男に差額の1,000万円を請求することができます。

遺留分減殺請求

遺留分減殺請求
※画像をクリックすると拡大表示されます

民法では、贈与してから1年以内に死亡した場合、その生前贈与は遺留分算定の基礎となる財産になるとされています。(民法1030条)

第1030条
贈与は、相続開始前の一年間にしたものに限り、前条の規定によりその価額を算入する。当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、一年前の日より前にしたものについても、同様とする。

また、法律で定められた取り分を意図的に減らしてやろうという趣旨で行われた生前贈与については、1年以内という制限がなくなりますので、どこまででもさかのぼって財産を取り戻すことが認められます。

2-3.遺留分の放棄

遺留分は、自らその権利を放棄することも可能です。

しかし、相続開始前においては、遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を得なければなりません。
遺留分放棄を無制限に認めてしまった場合、被相続人等が遺留分放棄を強要することもありえるからです。

その放棄が相続人本人の自由意思にもとづくものか、また放棄が合理性と必要性が伴ったものであるかどうか等が問われます。
相続開始後は、家庭裁判所の許可も不要になり、権利者は自由に遺留分を放棄できます。

3.遺留分減殺請求の流れ

侵害された遺留分について権利を行使しようとする人は、遺留分を侵害している相手に対して「遺留分減殺請求権」を主張することから始まります。
意思表示を行って相手が財産を戻すということになれば、この後の減殺請求の行程を踏む必要はなくなります。

しかし、実際は、裁判所や弁護士等の助けを借りることも多く、手続きを踏んで進められていきます。

また、減殺の順序も下記のように決まっています。
贈与より遺贈が先になり、遺贈で戻されても遺留分に満たない場合はさらに贈与で減殺されます。
複数の贈与があった場合は、新しいものから順番に減殺されます。

【請求することのできる財産の順位】

遺 贈 最初に遺贈から減殺し不足があれば贈与減殺にすすむ
贈 与 死因贈与と生前贈与があるが、死因贈与は通常の生前贈与よりも遺贈に近い贈与であるとして、遺贈に次いで、先に減殺対象となる

3-1.協議交渉

遺留分の請求では、まず、当事者同士で話し合いをします。

弁護士に依頼せずに協議交渉を行います。
さらに、弁護士が依頼を受けてから、弁護士同士で協議交渉をすることもあります。

お互い顔を合わせたくない、裁判にもしたくない、早く解決したい場合にこの方法が使われます。
ただし、協議交渉がうまくいかないときは、調停や次の裁判に進みます。

3-2.調停手続

調停とは、裁判所を利用した話し合いの手続きです。

相手と直接やりとりをせずに、お互いに裁判所の調停委員という人に話をして、調整や取り次ぎをしてもらいます。
先の協議交渉と比べると、法律の専門家が間に入り、話し合いを調整することで、より解決の道が開けます。

一方が協議交渉を拒否しているような場合でも、話し合いの場を作れることがありますし、感情的になりやすい当事者間での話し合いとは異なり、建設的な議論に持って行きやすくなります。

3-3. 裁判について

相手方との話し合いによって、問題が解決されるのであれば、いくらかのストレスで事態は丸く収まることになります。

しかし、相手方が交渉に応じないということになると、家庭裁判所の審判、裁判によって何らかの決着を付けることになります。

裁判となると大げさなイメージがありますが、裁判は、争いごとに国がその権力を持って結論を出すという制度です。
協議や交渉で解決がなされない問題は、裁判が最終手段となります。

3-4.遺留分減殺請求の期限

相続開始および減殺すべき贈与、または遺贈があったことを知った時から1年以内に、遺留分を侵害している相手方に請求しなければ、その権利はなくなります。

また、贈与等によって遺留分が侵害されていることを知らなくとも、遺留分減殺請求は、相続開始の時から10年経過すると消滅してしまうので注意が必要です。

4.減殺請求により財産を取得したら

遺留分の減殺請求により新たに相続税の納税義務者となった場合も、相続税の申告期限は、原則どおり、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内です。

5.遺留分減殺請求されたら

遺留分は相続人に保障された権利ですから、遺留分を侵害している人は、相続人に遺留分を請求された場合、それが正当であれば、原則として、その分を相続人に渡す必要があります。拒むことはできません。

また、遺留分減殺請求された人は、遺贈された相続財産をそのまま返還することもできますし、代わりに現金で支払うことも可能です。

6.まとめ

もしあなたが、受け取れるはずと思っていた相続財産を、万が一受取れなくなったとしたら、「遺留分減殺請求」という権利を主張することで、その財産を取り戻せるかもしれません。
まずは、遺留分が侵害されていないかどうかを確認しましょう。

万が一、ご自分の遺留分が侵害されていたとしたら、遺留分減殺請求を考えてみてください。
仮に遺言書の内容が、強硬に遺留分を侵害する内容であったとしても、この権利を主張することによって、遺留分に相当する相続財産を得ることができます。

今回は、遺された相続人の財産を、一定額保証する「遺留分」制度、さらに、その制度を守ろうとする「遺留分減殺請求」についてお伝えしてきました。
知っているということは、いざという時に強い味方となり、遺された相続人の生活を支えていくのではないでしょうか。

著者:相続ハウス 奈良澤 幸子(相続診断士)
監修:弁護士法人法律事務所オーセンス 森田 雅也(弁護士)

相続が発生したらまずは相談を【お金の知りたい】の無料相続相談

大切な人がお亡くなりになると、悲しむ暇も無いほど、やることがたくさんあります。
何をどうやってどれから進めれば良いのかわからなかったり、余計な手間や時間、支出を避けたいと思っている方は多いと思います。

そう思われる方は「お金の知りたい!」がオススメする無料相続相談を是非ご活用ください。
経験豊富な相続診断士がしっかりとお話を伺い、スムーズな相続のお手伝いをいたします。

詳細はこちら