すぐに解る!ニュージーランド投資家ビザの取得条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ニュージーランドに移住を考えていて投資家ビザに興味があるので詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。

日本社会・経済への不安から、海外に移住することを検討される方が増えている中、ニュージーランドは移住先としても人気を集めています。

海外移住を考える際に必要となる「永住権」は、様々な方法で獲得できますが、今回は「投資家ビザ」によるニュージーランド永住権の取得についてご紹介します。

スポンサードリンク

1.永住権とは

永住権とは外国人がその国での滞在期間を制限されることなく永住できる権利のこと。通常、永住権はそれぞれの国が設置した規定を満たした者のみに与えられます。日本では二重国籍は禁止されていますが、永住権はビザの一種であり国籍とは異なるので、日本国籍を保ったまま永住権を保持することは可能です。

また、一般的に永住権を得ることによって教育費、社会保障、年金、医療制度などを現地人と同じように受けることができます。

1-1.海外移住をする理由

移住をする人々の理由は十人十色ですが、以下が一般的によく挙げられます。

  • 英語環境(教育)
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • 日本経済に対する不安
  • 税制(図参照)

下の表は移住国として人気がある国の基本的な税制をまとめたものです。

この図からも解るように、日本の税率は他の国に比べて高くなっています。

税種類 日本 ハワイ オーストラリア ニュージーランド マレーシア シンガポール
所得税 ~55.945% ~50.6% ~45% ~33% ~26% ~20%
相続税 ~55% ~56% なし なし なし なし
贈与税 ~55% ~40% なし なし なし なし
法人税 ~29.97% ~41.4% 28.50% 28% 25% 17%

2. ニュージーランドの永住権について

2-1. なぜニュージーランドの永住権なのか

永遠の永住権

ニュージーランドの永住権は1回取得すればそれ以降更新する必要がなく、これは他の国の永住権と比べてもとても魅力的なポイントとなります。
例えばニュージーランドで永住権を取得して、日本に5年間帰ったとしてもまた問題なくニュージーランドに戻って来れる、つまり日本とNZをいつまでも気軽に行き来できるということです。実際に、オーストラリア・香港・カナダ・イギリスなどは永住権を取得しても数年後国外に住むと永住権を取り消しにされることもあります。

ライフスタイル

The Legatum Institutionの調査によると、国内経済・教育・安全面・医療制度・自然環境など9つの項目から見た幸せな国ランキングでニュージーランドは1位に輝きました。(オーストラリア6位、イギリス10位、香港23位、日本は22位でした)
The Legatum Institutionウェブサイト参照:http://www.prosperity.com/rankings

労働者に対する有給システムや産休なども徹底されており、仕事とプライベートのバランスが良く取れるようにされています。

その他にも、他の国と比べた時のメリットは以下が挙げられます。

  • 銀行の預金金利が高い
  • 自然環境の良さ
  • シングルマザーに対する保護の厚さ

ただし、ニュージーランドはどの国からも遠いことに加え、コンビニや公共交通機関など、日本の便利さに慣れている人には利便性に欠ける生活だと思われることもあるようです。

2-2.ニュージーランドの永住権ビザ

移民に対して厳しい対応を行っている日本に比べると、
移民国であるニュージーランドのビザ制度は合理的な政策です。

永住権申請には以下の3つのカテゴリーが一般的です。

  • 技能移民部門
  • 投資家部門
  • 企業家部門

最近までは「家族呼び寄せ部門」というものがあったのですが、
2016年11月より規制が強化され、その部門からの申請は一時停止となりました。 この規制では「技能移民部門」の英語の条件なども厳しくなりましたが「投資家部門」への変更点はありませんでした。

その他結婚相手がNZ人である場合などは、パートナーシップビザなどもあります  。

3.投資家部門

投資家部門は「投資家プラス」と「一般投資家」の2つに分かれています。
この二つの一番の違いは金額で、投資家プラスは必要投資金額が大きい代わりに
英語力や年齢などの条件が少なくなっています。

一般投資家 投資家プラス
年齢制限 65歳以下 なし
事業経験 3年 なし
投資運用額 最低150万NZDをNZへ4年間投資 1000万NZDをNZへ3年間投資
英語力証明 IELTS 3.0以上の成績またはその他の英語力証明 なし
必要な滞在日数 投資を行う4年間のうち2年目、3年目、4年目はそれぞれ146日間滞在 投資を行う3年間のうち2年目と3年目はそれぞれ44日間滞在
EOI* (ポイント制度) あり なし

*EOIとはポイント制の審査で、英語力・年齢・投資金額・事業経験などの各項目を点数化し、ポイントの高い人から本審査に選ばれるというシステムです。

3-1.対象になる投資内容

投資家ビザで申請する場合に認められる投資内容は、NZドルでNZ国内への投資であり、申請者個人の利益のためではない、ニュージーランドの経済に貢献できる可能性があるものが対象となります。

  • ニュージーランド政府または地方団体により発行された債券
  • ニュージーランド証券取引所(NZDX) において取引される社債
  • スタンダード&プアーズ社を含めた国際信用格付け機関によりBBB-以上の評価を受けているニュージーランド企業の社債
  • ニュージーランド企業の上場・非上場株式(合同運用ファンドを含む)
  • ニュージーランド政府登録銀行にて発行された債権
  • ニュージーランド政府登録銀行の株式
  • 住宅用不動産開発事業
  • 金融会社の社債

まとめ

投資家部門から永住権を取得する場合にはそれなりの資金と時間が必要となります。ご自身の資金を数年に渡って投資していくわけですので、その国の情勢や安定性、今後成長が期待できるかなど情報を集めて検討していかなければなりません。

また、日本人は(観光目的の場合)ビザなしでニュージーランドに3ヶ月滞在できますので、
お時間が取れる方は日本とは真逆の季節のNZに長期滞在してみてはいかがでしょうか?特に日本の寒い冬を抜け出して、夏のNZを楽しむというのはとてもおすすめです。

著者:久原麻奈美 (バンコープ・ウェルスマネジメント)
バンコープは渋谷の大使館でNZ移民局と共に投資家ビザセミナーを毎年行っています。
NZ投資に関するご質問などは以下のリンクからお気軽にご連絡ください。

http://www.bancorp.co.nz/index.php/content/private_banking/jp

バンコープウェルスマネジメント

まずは少額から海外投資を始めてみましょう

海外投資といっても「いきなり多額の資金を投資するのはなぁ…」とお考えなら、少額から投資を始められる【クラウドクレジット】がオススメです。

投資は1万円からできますので、まずは余裕資金から始めて、海外投資のイロハを知ってみるのもいいのではないでしょうか。

※投資にはリスクが伴います。必ずよくご検討の上、ご自身のご判断で投資を行うようにしましょう。

クラウドクレジット公式サイトで詳しく確認する