オフショア投資で資産を増やすために知っておくべき基礎情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オフショア投資

最近よく耳にするオフショア投資ですが、あまり正確な情報が出回っていないこともあり、なかなか始められない方も多いのではないでしょうか?

今回は、これからオフショア投資を始める方のために、まずはオフショア投資の基礎を徹底解説します。

日本国内とは違った魅力的な商品も多くある海外オフショア投資を深く知っていただき、投資を始めてみてください。

1.オフショア投資とは?

金融業界で使われるオフショア投資とは、「オフショア地域にて投資を行う」ことを言います。

オフショア地域とは、別名「タックスヘイブン(租税回避地)」と呼ばれる香港やシンガポールなどの税制が他国に比べて優遇(低率)なエリアのことです。
投資におけるインカムゲイン税(配当収入や利子収入にかかる税金)やキャピタルゲイン税(売却益や譲渡益にかかる税金)が非常に優遇されています。

また、商品の運用にはIFAと呼ばれる運用会社が必要です。

1-1.IFAとは

IFA(Independent Financial Advisor)と呼ばれ、投資商品の運用を専門に行う企業です。
日本では、商品を作る会社と運用する会社が同じ(〇〇証券から、△△投信を買い、運用も〇〇証券経由で行う)が通常ですが、海外オフショアでは、商品を作る会社と、運用する会社が別となります。

このIFA制度は運用においては非常に大きなメリットとなります。

オフショア投資

2.オフショア投資のメリットとリスク

オフショア投資全てに共通するメリット・リスクを説明します。

※各商品毎に存在するリスクはこちらでは割愛させて頂きますが、各商品毎のリスクは、様々な商品を組み合わせたり、投資手法を変える事により、お互いのリスクを補うことも可能となります。

2-1.メリット

大きく分けて「税率」「IFAの存在」「ボーナス制度」の3つがメリットとして挙げられます。
どれも日本では存在しないような仕組みとなっていますが、海外投資ではごく当たり前の仕組みと言えます。

2-1-1.税率が低い

海外オフショア投資における最も大きなメリットが税率面での優遇です。
下記は香港における税制を参考に、日本と比較をしてみました。

オフショア投資

ご覧のとおり、先に説明したインカムゲイン税とキャピタルゲイン税は0%となっています。
つまり、投資して出た利益に税金がかからず、非課税のまま再投資が可能となります。

日本の投資信託では、毎月利益が出るたびに、20%の税率がかけられますので、オフショア投資ではかなりのコスト減が実現できるでしょう。

2-1-2.運用を任せられる(IFAの存在)

IFAを経由する海外商品では、商品の構成内に数百をとなるファンドが存在します。
IFAの役割としては、契約者が契約時に5~10種類の投資方針中からひとつを選択し、投資方針に沿ってIFAがこの数百ファンドの組み換えを行います。

IFAは日本の証券会社とは違い、運用を専門に行う会社ですので、運用経験・知識は比べ物にならない程、差があるといえるでしょう。

また、IFAは預かり資産のうち数パーセントを手数料として受け取りますので、契約者の資産が増えるほど、IFA側もメリットを受けることができるのです。
よって、IFAと契約者でWin-Winの関係性が成り立つのも、大きな魅力となります。

2-1-3.日本にはないようなボーナス制度が存在

通常、日本の投資信託でボーナスと聞くと、よく見かけるのが「口座開設時に5000円キャッシュバック」などではないでしょうか。

海外では
「購入から数ヶ月は、積立金の60%を上乗せ!」
「元本保証で年間利回り2.5%確保」
「5年毎に積立金の1%をプレゼント」
などのような、契約者にとって非常に有利なボーナスが多いです。

ただし、これをうけるにはある程度、契約期間を長くする必要があったり、支払額を一定以上維持しないといけないような条件も存在します。

「買って終わり」の日本のボーナスよりは、長期でボーナスをくれる海外商品のほうが契約者の資産増加には大きく貢献をしてくれるでしょう。

2-1-4.日本にはない様々な商品が魅力的

具体的な商品名は説明しませんが「元本保証で年間利回り2.5%確保」「平均利回り年22%、契約年数約7年」など、日本では考えられない商品が海外には存在します。

いわゆる金商法(金融商品取引法)により、日本国内での販売は許可されていないものも多く存在しますので、日本人が普段触れる機会はほとんどありません。
これらは香港やシンガポールなどにいくと、実は電車内広告やCMで当たり前のように知られているのです。

2-2.海外オフショア投資を行う上で発生するリスク

海外オフショアを行うにあたっての最低限のリスクを把握しておきましょう。

2-2-1.為替リスク

海外オフショア商品は、そのほとんどが米ドルで運用されています。
支払い時や受け取り時も基本的には米ドルでの入出金になりますので、為替の影響は受けると言って良いでしょう。

そのため、米ドルから円に戻すタイミングが選べる商品や、一時的に米ドルで据え置きができる商品などでリスクを回避していく必要があります。

また、米ドルの受け取り先として、海外銀行口座を利用することもひとつの手と言えるでしょう。

2-2-2.言語リスク

海外金融機関は、目録と呼ばれる商品の詳細や、契約書の多くは英語で記載されています。

逆に日本人のみをマーケットにしている海外金融機関は、総資産額や背景に不安が残るのであまり信用はできません。
あくまで、英語でもグローバルに展開をしている企業を選ぶほうが良いでしょう。

また中には商品パンフレットやWebサイト(自身の運用状況が見れるサイト)など、日本語の提供がある商品も多く存在します。
言語リスクを回避してくれるようなサポート企業を選択することも大切です。

3.オフショア投資の種類と特徴

海外オフショア商品は、数え切れない商品数があるので、今回は代表的な保険商品と信託商品について説明をします。
ただし常に商品の入れ替わりがあるため、掲載時と同じ商品がない可能性もありますので、ご了承ください。

3-1.積立投資

最も身近で始めやすいのが、積立投資です。
特に、長期かつ定額積立(ドルコスト平均法)を行うことで、様々なリスク回避が可能になります。
毎月2~3万円(USD200)から始められるので、会社員をやりながら少額からスタートできるのも魅力的といえます。

3-1-1.保険商品

海外オフショア投資の積立投資では最も一般的なのが生命保険商品です。
これは、保険だからといって、死亡時の保障も求めるものではありません。

多くの海外保険商品が、契約者(=被保険者)の死亡時に時価総額の101%が死亡保険金として、受取人に支払われますが、そもそも101%しか保障効果はないので、あくまで投資信託のようなカタチと理解しましょう。

保険会社が設定した数百のファンドの中で、積立金の随時スイッチング(ファンドの切り替え)を行います。
このスイッチングはIFAが行いますので、契約者は運用方針のみを5~10の投資方針の中から選択することとなります。

また、日本人が海外の保険商品に加入するには、保険業法の第186条第1項、第2項が関係するので注意が必要です。

上記業法を要約すると、「日本国内に支店がない海外保険会社に加入する場合には、内閣総理大臣の許可を得なければならない。違反した場合には、50万円以下の罰金になる可能性がある。」とあります。

現状、これまで罰せられた人はいないのですが、あくまで契約時は個人の判断でご検討ください。

3-1-2.信託商品

最近、注目を浴びているのが信託商品です。

仕組みは、生命保険の積立投資と類似しているのですが、積立金の支払い先が、保険会社ではなく、信託会社となります。
これにより、”信託法”が適用され、契約者の預入資産と、信託会社の資産が分別管理されます。
つまり、信託会社が破綻した際にも、契約者の預入資産の時価総額は100%保全され、契約者へ返却されます。

保険商品等の場合、保険会社の資産となるため、100%保全されないケースも考えられますので、より資産の安全性を重視したい場合は、この信託商品をおすすめします。

3-2.一括投資

一括での投資商品も多数存在します。
ここでは、上記の保険商品と信託商品の一括型と呼ばれるものについて、簡単に説明していきます。

支払い方法を一括にすると、一般的に積立型よりも管理手数料が安い傾向にあります。
ただし、最低投資金額が数百万円かつ、投資時の為替の影響を大きく受けてしまいます。

円高ドル安の時期や、日本国内資金が増えた際に海外への資金分散目的で行うことをおすすめします。

4.オフショア投資をするには

実際に商品を知りたい場合はどうすれば良いのか、ご説明いたします。
海外オフショア投資を進める方法としては、大きく下記2つに分けられるでしょう。

4-1.その1:海外IFAへ直接連絡する

商品情報を得るには必ずIFAを介さないといけないので、欲しい商品を取り扱っているIFAへ連絡を取る必要があります。
しかし、現在日本人はIFAと直接契約することができませんので、IFAからサポート企業を紹介される事になるでしょう。

理由としては、日本人は諸外国からは金融知識が不足しており、かつクレームも多い人種として認識されています。
IFA側は、自社で対応するのではなく、サポート企業を介して顧客とのコミュニケーションを取ろうとします。

4-2.その2:サポート会社に直接連絡する

自分に合った商品がわからない、いくつかの中から自身で選択をしたい、という方は、複数のIFAと提携をしているサポート企業に連絡をしましょう。

日本法人はこのサポート企業にはなれないのですが、香港に法人を持ち、日本語サポートをしている企業も多く存在します。
このサポート企業を選ぶ際は、後述する「悪徳業者」に該当しない企業を慎重に選びましょう。

4-3.費用について

海外オフショア投資のコストは商品により様々な仕組みです。
こちらも、積立型と一括型で分けてお伝えしていきます。

下記のとおり、契約時に販売手数料を多く取るというよりは、契約者の預入資産により、管理手数料を取る仕組みとなります。
これは、契約者の運用状況がよければ、各社も手数料が増えますので、Win-Winの関係になります。

積立型 一括型
最低投資額 ・主な商品はUSD200~(日本円で2~3万円)
・会社によってはUSD300~という場合もある
・USD20,000あたりの商品が多い
初期コスト ・特にかからないものが多い ・投資金額の3~5%前後を支払う商品が多い
ランニングコスト ・年間で5%前後の手数料の商品が多い ・年間で3~4%前後の手数料
・積立型より若干安い傾向がある

5.注意点

5-1.税金について

オフショア地域においてのメリットとして、税率の低さをお伝えしましたが、1点注意しておくべきことがあります。

日本と香港やシンガポールは、租税条約(もしくは租税協定)を結んでいるので、日本の居住者であるうちは所得や配当に関する税金は日本で納めなければなりません。
つまり、契約後数年して利益が確定し、手元に現金が戻る際には、その時の日本の税法にのっとり、税金を支払う義務があります。

もちろん、運用中は非課税となるケースが多いのですが、最終的には納税をする義務がありますので、注意してください。

5-2.業者選択は重要

また、特にここ数年で最も懸念されている事として、悪徳業者が多い、という部分が挙げられます。

「契約前と契約後で話が違う」
「商品説明で選択肢全ての説明を受けていない(契約年数や金額など)」
「契約後のサポートが一切ない。連絡が取れない。」
「商品購入に月数万円の〇〇クラブに加入する必要がある」
など、これらはご相談内容の一部ではありますが、あまりにも契約者の利益を考えていない対応と言えます。

そのためには、下記のポイントに注意して、信頼できるサポート企業を選ぶことが重要です。

・セミナー費用が有料でかつ高額
・商品DVDや書籍の購入を強く薦める
・海外ツアーで15万円以上の費用
・ブログなどで責任者の本名を明かしていない
・契約前に入会金

上記に該当するサポート企業は、契約者の資産を奪う会社である可能性が高いと言えます。

6.まとめ

一見複雑に見える仕組みですが、海外オフショア投資について、おさえておきたいポイントは次の3つです。

・ポイント1:税率優遇やIFA活用し運用効果が高い
・ポイント2:月数万円から始められる
・ポイント3:悪徳業者に気をつけろ

以上をしっかりとふまえた上で、投資を始めてみましょう。

著者:荒谷友樹(株式会社クレア・ライフ・パートナーズ)

海外投資・オフショア投資に興味をお持ちの方へ

海外投資・不動産投資・生命保険など、幅広い金融商品を取扱い、「マネーパズル」という独自の手法を用いて、一人ひとりに合った、無駄のないプランを組み立てます。
20代・30代といった若い世代が安心した未来を築くための資産運用をご提案させていただきます。

⇒海外投資・オフショア投資の無料相談をする!

まずは少額から海外投資を始めてみましょう

海外投資といっても「いきなり多額の資金を投資するのはなぁ…」とお考えなら、少額から投資を始められる【クラウドクレジット】がオススメです。

投資は1万円からできますので、まずは余裕資金から始めて、海外投資のイロハを知ってみるのもいいのではないでしょうか。

※投資にはリスクが伴います。必ずよくご検討の上、ご自身のご判断で投資を行うようにしましょう。

クラウドクレジット公式サイトで詳しく確認する