暦年課税を用いた贈与税の計算と相続対策に活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暦年課税で贈与を行った場合、どのくらい税金がかかるのでしょうか?

贈与とは、金銭や物を無償で相手方に渡す行為の一種で、お互いの合意が必要とされています。
贈与が行われる場面はいろいろ考えられますが、相続対策としての一環として生前贈与に興味がある人もいるでしょう。

生前贈与を行う場合は贈与税の影響を考慮する必要がありますので、贈与税に関して基本的なことを理解しておくことが求められます。

そこで、贈与税の原則的な課税方法である暦年課税についてお伝えします。

スポンサードリンク

1.暦年課税とは

1-1.贈与税の課税方法「暦年課税」

贈与税は、個人が他の者から金銭や経済的な価値があるものを無償で受け取った場合に課される税金です。

贈与税の原則的な課税方法は暦年課税と呼ばれ、毎年1月1日から12月31日の間に贈与を受けた財産の合計額から110万円の基礎控除を除いた残額に対して贈与税が課税されることになっています。

1-2.暦年課税の税率

暦年課税の税率には2種類あります。
基礎控除を超える贈与を行う場合には、直系尊属からの贈与で一定のものには特例税率、それ以外の場合には一般税率が適用されることになっています。

【一般贈与財産用】(一般税率)

この速算表は、「特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与税の計算に使用します。

基礎控除後の課税価格 税 率 控除額
200万円以下 10%
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,500万円以下 45% 175万円
3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超 55% 400万円

【特例贈与財産用】(特例税率)

この速算表は、直系尊属(祖父母や父母など)から、その年の1月1日において20歳以上の者(子・孫など)への贈与税の計算に使用します。

基礎控除後の課税価格 税 率 控除額
200万円以下 10%
400万円以下 15% 10万円
600万円以下 20% 30万円
1,000万円以下 30% 90万円
1,500万円以下 40% 190万円
3,000万円以下 45% 265万円
4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

1-3.暦年課税を用いた贈与税の計算式

贈与税は以下の計算式で算出することができます。

贈与額 - 基礎控除額 = 課税対象額
課税対象額 × 税率 - 控除額 = 贈与税

例えば下記のように贈与が行われたとします。

【計算例】
1月1日から12月31日までに祖父から20歳以上の孫へ500万円の贈与を行う場合
この場合、特例税率が適用されます。

贈与額500万円 - 基礎控除額110万円 = 課税対象額390万円
課税対象額390万円 × 特別税率15% - 控除額10万円 = 贈与税48.5万円
となります。

また一般税率と特例税率の両方での計算が必要な場合は、それぞれに応じた税額を算出し、合計した金額が贈与税額となります。

1-3.贈与税の申告

贈与税の確定申告の時期は、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日、納付期限は3月15日です。

納付は金銭一括で行うことが基本ですが、延納が認められる場合もあります。
基本的に贈与を受けた金額が基礎控除以内の場合は、贈与税の申告は不要ですが、後述する特例を適用するためには、贈与税の申告が必要となるため、注意が必要です。

2.暦年課税の基礎控除を利用して相続税対策を行う

相続が発生すると、死亡した被相続人が持っていた財産は、相続人などに移転されることになりますが、その時に相続税が課税されます。
相続税の負担を軽くするための相続税対策にはさまざまな方法がありますが、生前贈与を行うことも有効な対策の1つです。

暦年課税を適用すると年間110万円まで非課税で贈与を行うことができます。
この非課税枠をうまく活用して贈与を行い、所持している財産総額を減らすことで、相続の際に発生する相続税を抑えることにつながります。

しかし、1年間の贈与額が基礎控除である110万円を超える場合は贈与税がかかりますので、生前贈与を行う場合には贈与税負担と相続税負担の両方を比較検討してから行う必要があるでしょう。

また、住宅資金、教育資金、結婚・子育て資金の一括贈与など、それぞれの条件を満たす場合にのみ、一定額の贈与税が非課税となる制度もあります。これらは暦年課税と併用することができるので、合わせて活用することもおすすめします。

3.贈与税の課税対象・非課税対象となるケース

実際に、形のある財産がある人から別の人に、合意のもと無償で移転されれば、贈与があったとすぐにわかります。
しかし、中には贈与があったのかどうかわかりにくいものもあるのではないでしょうか。

贈与にあたる行為だと知らずに行ってしまい、あとで思わぬ税負担が生じることがないように正しく課税対象となる行為を理解しておくことが大切です。

3-1.贈与税の課税対象となる場合

まず、贈与税の課税対象となる場合です。

対価の受け渡しがなく無償で名義変更が行われた場合や、契約者と受取人が異なる保険契約による死亡保険金を受け取った場合、借金の返済を肩代わりしてもらった場合などは贈与があったとみなされ、贈与税が課されます。

3-2.贈与税の非課税対象となる場合

一方、贈与があっても非課税とされる場合もあります。

例えば、家族などの扶養義務者間での生活費や教育費の贈与や、個人から受ける香典・花輪代・年末年始の贈答そして祝物または見舞いなどの金品で常識的な範囲のものなどは非課税になります。

また、法人からの贈与を受けた場合は、所得税が課税されるため、贈与税はありません。

4.まとめ

相続税対策として賢く生前贈与対策を行う場合には、贈与税の課税方法の仕組みをよく理解することによって、税負担を考慮しながら決めることが大切ではないでしょうか。

暦年課税を選択すると、年間110万円までは非課税で贈与を行うことができるため、少額の贈与の場合や長い時間をかけて、こつこつと贈与を行いたい方には向いている課税方法だといえるでしょう。

しかし、一度に基礎控除額を超える多額の財産を贈与したい場合などには、上述した特例やもう1つの課税方法である相続時精算課税制度を選択したほうがいい場合もあります。

その際には贈与の方法について、一度、専門家に相談をしてみるといいでしょう。

相続が発生したらまずは相談を【お金の知りたい】の無料相続相談

大切な人がお亡くなりになると、悲しむ暇も無いほど、やることがたくさんあります。
何をどうやってどれから進めれば良いのかわからなかったり、余計な手間や時間、支出を避けたいと思っている方は多いと思います。

そう思われる方は「お金の知りたい!」がオススメする無料相続相談を是非ご活用ください。
経験豊富な相続診断士がしっかりとお話を伺い、スムーズな相続のお手伝いをいたします。

詳細はこちら