これを読めば相続放棄は完璧!相続放棄の総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆様や周りの人に「相続放棄したい」と思っている方はいらっしゃいますでしょうか。

相続放棄をすると亡くなった方の借金を背負わなくてよくなるので、借金があればすぐ相続放棄をした方がいいのではないかと考える方が多いですよね。

ですが、いざ相続放棄をするとしたらどのように手続きしたらいいのか、また何に気をつけなくてはいけないのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、相続放棄の完全保存版として、相続放棄のやり方からメリット・デメリット、さらに見逃しがちな注意点まで全てお伝えいたします。

これを読めば相続放棄のやり方はもちろん、知っておけばよかったと後悔しないようなことまで、完璧となるようにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.相続放棄とは

まず、相続放棄とは、被相続人(亡くなった人)の財産を借金を含めて全て相続しないとすることです。

実際に相続を放棄するためには、下記の2つの方法があります。

①遺産分割協議で「自分の相続分をゼロにする」という旨を書き署名・捺印する
②家庭裁判所に相続放棄の申請をする

ただし、①は現実的には相続放棄することになりますが、法律上の「相続放棄」は②を指しますので注意しましょう。

①は相続権自体はそのままなので、後に被相続人に借金が見つかった場合はその借金を背負わなくてはいけませんが、②のように家庭裁判所にて相続放棄の申請をすれば相続権自体がなくなるので、借金を背負わなくても大丈夫です。

1-1.相続放棄の期限

相続放棄の期限は、「自己のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内」です。

詳しくはこちらをご覧下さい。
借金も相続するかも/相続放棄の期限は絶対に知っておくべき

ただし4でも詳しく説明しますが、3ヶ月を過ぎていても相続放棄できる場合もありますので、3ヶ月を過ぎる場合は専門家に相談しましょう。

1-2.手続きする人

相続放棄の手続きは、原則的には相続を放棄する本人が行います。

通常の相続手続きとは違い相続放棄は本人のみで行うことができますので、法的には他の相続人の同意や書類などは必要ありません。

1-3.手続きをする場所

相続放棄の手続きをするのは家庭裁判所です。

ただし、家庭裁判所ならどこに提出しても良い訳ではなく、被相続人(亡くなった人)が最後に住んでいた場所を管轄している家庭裁判所に提出しなくてはいけません。

管轄がどこの家庭裁判所になるかは、こちらのHPで確認することができます。

裁判所「裁判所の管轄区域」
http://www.courts.go.jp/saiban/kankatu/index.html

1-4.費用

・収入印紙 800円
(家庭裁判所内で購入できます)

・郵便切手 申述人1人につき150~460円
(切手の金額・枚数は各家庭裁判所によって異なりますので、必ず提出する家庭裁判所に確認してください)

1-5.必要書類

必要書類 取得場所
相続放棄申述書 家庭裁判所、家庭裁判所のHP
相続放棄する人の戸籍謄本(または除籍謄本・改正戸籍謄本) 市区役所・町村役場
亡くなった人の住民票除票または戸籍の附票 市区役所・町村役場

家庭裁判所よっては他に提出書類を求められる場合もありますので、提出する家庭裁判所に確認しましょう。

1-5-1.相続放棄申述書

相続放棄申述書とは、家庭裁判所の相続放棄の手続きをする際に提出するものです。

これを提出することで、相続放棄の手続きを行ったとみなされます。

詳しくはこちらをご覧下さい。
これだけは押さえよう!相続放棄申述書の基礎知識と書き方

1-5-2.相続放棄申述受理証明書

相続放棄申述受理証明書とは、相続放棄手続きが完了したことを証明するものです。

詳しくはこちらをご覧下さい。
取得しないといけないの?相続放棄申述受理証明書のガイド

1-6.相続放棄の流れ

相続放棄の際に必要な書類を集める

相続放棄申述書に必要事項を記入

集めた書類を家庭裁判所に提出

家庭裁判所から照会書が届く

(家庭裁判所に必要書類を提出した数日~2週間後に照会書という書面が自宅に送られてきます。照会書には質問事項があるので、質問に回答し家庭裁判所に返送をします。)

相続放棄の申請完了!

1-7.限定承認との違いについて

相続が発生した後に相続人が選ぶ選択肢として、相続放棄の他に「限定承認」という方法があります。

これはプラスの財産とマイナスの財産(借金など)のどちらかが多いか分からない場合に利用される制度です。

被相続人が遺した財産のうち、マイナス財産よりもプラス財産が上回る場合には、その上回った範囲内で相続ができます。

逆にマイナスの財産が多い場合には、不足分を支払う必要はないというメリットがあります。

他方で相続開始を知ったときから、3ヵ月以内に相続人全員で手続きを行う必要があり、手続きも煩雑です。

相続放棄よりも手続きは煩雑ですが、プラスの財産を全て放棄しなくてもよいという意味ではメリットもありますね。

詳しくはこちらをご覧下さい。
相続は財産と借金の両方するもの/損か得か不明なら限定承認を検討すべき

ここまで簡潔に説明してきましたが、より詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
期限内にスムーズに完了!相続放棄手続き完全マニュアル

2.相続放棄することのメリット

2-1.借金を相続しなくてよい

相続放棄をすると、被相続人の遺した全ての財産を放棄したことになりますので、借金を背負う必要はありません。

2-2.手続きや遺産分割協議をしなくてよい

相続放棄をすると最初から相続人でなかったとみなされるため、相続人として必要な手続きをする必要はありません。

遺産分割協議に参加する義務もありませんので、財産は一切いらないから他の相続人と顔を合わせたくないなど、面倒な手続き回避のために相続放棄をする人もいます。

ただし、すごく稀ではありますが、被相続人が遺言を遺していてその内容が特定遺贈にあたる場合は、手続きが必要になる場合があります。

その場合は専門家に相談しましょう。

3.相続放棄することのデメリット

3-1.相続人が増えることがある

相続放棄をすると最初から相続人でなかったとみなされるため、相続人の順位が変わることがあります。

下の図を見て見ましょう。

01

 

この場合、そのままだと相続人は妻と子ですが、子が相続放棄をすると相続人は妻、次男、三男、四男になります。

となると、必然的に関係者の数が増えることになりますので、権利関係が複雑化して手続きも煩雑化します。

また、子は相続放棄したことを次男、三男、四男に教えてあげないと、この3人は知らないところで長男の借金を背負ってしまうことになります。

3人が借金から逃れるためには3人も相続放棄の手続きをする必要がありますので、相続放棄をしたら次の順位である人に相続放棄をした旨を教えてあげた方が親切でしょう。

3-2.後で取り消しすることはできない

相続放棄は一度申請すると、原則的に後で取り消しはできません。

ただし、脅迫や詐欺などを受けて相続放棄してしまった場合や、未成年者が法定代理人に無断で相続放棄してしまった場合などは、取り消しが認められる場合があります。

その場合、取り消しの手続きは追認できる時点(騙されていたと気付いた時、無断で相続放棄が行われたと知った時など)から6ヶ月を経過した場合は、時効によって取消権が消滅します。

また、相続放棄をしてから10年が経過した場合も取消権は消滅します。

相続放棄の取り消しは家庭裁判所でできますが、まずは専門家に相談することをおすすめします。

3-3.財産を一切相続できない

相続放棄は相続権自体を放棄するものですので、相続人ではなくなります。

つまり、亡くなった人の財産を相続する権利を亡くすことですので、当然一切の財産をもらうことができません。
(ただし生命保険の受取人に指定されていれば、相続放棄をしていても生命保険金は受け取ることが可能です)

4.期限を過ぎると相続放棄はできないのか

4-1.期限を過ぎてしまった場合

以下の条件を満たしている場合、家庭裁判所が調査した上で相続放棄が認められることがあります。

  • 死亡時に財産調査をしたが借金があるとはわからなかった
  • 死亡後に相続財産を処分していない
  • 借金の存在を知ってから3ヶ月以内である

借金の督促状などの通知が来て、「初めて借金の存在を知った時から3ヶ月以内だ」という主張を家庭裁判所に納得してもらえれば、相続放棄が間に合う可能性もあります。

ただし、これだけではなく裁判官に、なぜ相続放棄が間に合わなかったのかを納得してもらえるような「上申書」というものを、通常の相続放棄の際に提出する相続放棄申述書に添付をして提出する必要があります。

これらが揃って初めて、期限が過ぎてしまった場合でも相続放棄が認められる可能性が出てきます。

上申書の内容なども、とても重要な判断材料になるため慎重に作成する必要があります。

一度申請して却下されると再申請ができませんので、そのような場合には専門家の力を借りることもスムーズかつ安心に手続きを進めるためのポイントです。

4-2.期限を過ぎそうな場合

被相続人の財産調査がなかなか終わらず、3ヶ月の期限内にプラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのか判断がつかない場合もあります。

そのような場合には家庭裁判所に、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内と定められている期限を、延長する申し立てができます。

これを「相続放棄における熟慮期間の伸長」といいます。

熟慮期間は相続人ごとに別々に進行しますので、期間の伸長は相続人ごとに行う必要があります。

相続財産の洗い出しに時間がかかっている、また、相続をするのか放棄をするのか判断するのに時間がかかっている・・・と間に合わなさそうな場合は、相続人それぞれが家庭裁判所へ申し立てをしましょう。

5.注意点

5-1.既に相続財産に手をつけてしまったら相続放棄はできない

相続財産を一部でも使ったり手を加えたりすると、相続放棄はできません。

このケースで特に多いのが、借金があることを知らずに相続登記(不動産名義変更)をしてしまい、後で借金の存在を知っても相続放棄できなくなってしまうケースです。

相続放棄は全財産が対象ですので、財産の一部である不動産を名義変更している時点で遺産分割が行われたことになります。

そのため、相続登記をしたら相続放棄をすることはできなくなってしまいますので注意が必要です。

5-2.相続放棄は生前にはできない

相続放棄は、相続権が発生してからする放棄の手続きになりますので、生前にすることはできません。

理由としては、相続放棄自体が、誰かが亡くなると発生する「相続」を「放棄」することだからです。

したがって「相続」が発生していない限り放棄もできないのです。

詳しくはこちらをご覧下さい。
相続放棄は生前にできない!代わりにできる対策とできない事

5-3.相続放棄が完了しても金融機関等には通知されない

相続放棄の手続きが完了しても、それは自動的にどこかに通知されることはありません。

例えば被相続人が銀行から借金をしていた場合、相続放棄をしていたとしてもそれを銀行に伝えていなかった場合はその返済の請求が相続人に届いてしまいます。

もちろん請求が来た後でも、相続放棄したことを銀行に証明すれば借金を請求されることはありませんが、手間がかかるため相続放棄をしたら速やかに伝えましょう。

5-4.遺産分割協議書で相続しないと書いても、借金まで相続しなくていい訳ではない

1でご説明した通り、遺産分割協議書で相続しない旨を書いた場合は、相続権自体は消滅しません。

あくまでも「遺産分割協議書の書かれている財産は相続しない」というだけですので、後で借金が見つかった場合はその借金を背負うかどうか再度相続人で集まって決めなくてはいけません。

また、遺産分割協議書内で「相続しない」と書いても、これは貸した人に対して借金自体を返さなくていいことにはなりません。

それを知らずに「借金が見つかったけど遺産分割協議書で相続しないと書いたからいいや」と放っておくと、3ヶ月を過ぎてしまい相続放棄ができなくなってしまいます。

そうなるともう自動的に借金を相続したことになってしまい、相続人全員に返済の義務が生じてしまうのです。

借金を背負いたくない場合は、遺産分割協議書ではなくきちんと家庭裁判所で相続放棄の手続きをしましょう。

6.まとめ

ここまで相続放棄についての総まとめをご説明してきましたが、参考になりましたでしょうか。

相続放棄は他の相続人の同意は法律上必要ありませんので、相続放棄したいと思ったら全て1人で手続きすることができ、相続放棄の手続き自体はそんなに難しいものではないかと思います。

ただし、相続放棄とは「相続権を失う」という非常に重い意味を持っていますので、いくら手続きが難しくないからといって放棄するという判断まで簡単にしてしまうと、相続権を失うので自分だけではなく子どもや孫の世代にまで影響が及ぶこともあります。

そのため、相続放棄をする場合はメリットとデメリットを知った上で、後の影響までしっかりと考えてから行うことが大切です。

そして相続放棄をするかしないかは自分だけで決めず、他の相続人や周囲の人または専門家に一度相談してから手続きを行うようにしましょう。

著者:相続ハウス 彼末 彩子(相続診断士)

相続が発生したらまずは相談を【お金の知りたい】の無料相続相談

大切な人がお亡くなりになると、悲しむ暇も無いほど、やることがたくさんあります。
何をどうやってどれから進めれば良いのかわからなかったり、余計な手間や時間、支出を避けたいと思っている方は多いと思います。

そう思われる方は「お金の知りたい!」がオススメする無料相続相談を是非ご活用ください。
経験豊富な相続診断士がしっかりとお話を伺い、スムーズな相続のお手伝いをいたします。

詳細はこちら