必見!孫に1円でも多く財産を遺すための4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
遺産相続 孫

かわいいお孫さんに相続財産を遺したいと思われている方も多いのではないでしょうか?

孫に財産を承継させることによって、課税対象となる財産が減るため、節税対策になる場合があります。
しかし、孫は通常法定相続人でない為、そのままでは相続することはできません。
それではどのようにすればよいのでしょうか。

今回はかわいいお孫さんに賢く財産を遺すための4つの相続対策について、メリットにデメリット、効果的な手段や注意点などをご紹介したいと思います。

1.孫は相続人?

孫は通常法定相続人ではありません。
ただし、子の相続が既に発生している場合等は孫が法定相続人になります。

この場合、孫は代襲相続人として子と同じ相続分を受け継ぎます。
つまり、子が相続する場合と同じ条件で財産を受け継ぐことができます。

遺産相続 孫

※画像をクリックすると拡大表示されます。

2.孫に財産を遺す4つの方法

2-1.生前贈与

毎年110万円までは非課税で贈与できる暦年贈与の方法やおしどり贈与(贈与税の配偶者控除)、住宅取得資金贈与の特例、教育資金一括贈与、結婚・子育て資金一括贈与等の贈与の方法があります。

細かな適用要件や特例を使える期限等がありますが、これらの特例等を上手に使うことで、非課税で財産を孫に贈与することが可能です。

▼詳しくはこちら
孫にお金を遺したい人必見!お得な生前贈与のまとめ

2-2.養子縁組

2-2-1.孫を養子にする場合

孫は父母が生きている限り、祖父母の法定相続人ではありません。

しかし、被相続人と養子縁組をすると、孫は被相続人の子と同列になります。
その為、本来の子と同じ相続分を相続する権利を取得します。

子と同じ相続分を孫に遺したい場合等は、孫と養子縁組をすると孫に子と同じ相続分を相続させることができ、また、相続税の非課税枠を増やすこともできる為、相続税対策にも効果的です。

ただし、相続税法上、実子がいる場合の普通養子は1人までが法定相続人としてカウントされ、実子がいない場合は2人までしか法定相続人の数に算入することができないこととなっているので注意が必要です。

例えば、相続税の基礎控除額の計算をしてみましょう。
被相続人の法定相続人として実子1人と養子2人がいる場合、実子1人と養子1人のみが法定相続人の数に算入され、合わせて4,200万円(「3,000万円+600万円×法定相続人の数2名」)までが申告不要となります。

実際の法定相続人は3人いますが、基礎控除額は4,800万円となりません。
税金の計算の際はこのように決められている為、注意が必要です。

また、相続税がかかる場合、孫は養子であっても2割加算した相続税が課税されることとなりますので、こちらも注意しておいて下さい。

なお、特別養子縁組をした者、連れ子養子、代襲相続人で被相続人の養子となった者は実子とみなされ、養子の数の制限を受けることはありません。

2-2-2.法定相続人である孫が養子の場合(相続資格が重複する場合)

養子にしていた孫の親が祖父母より先に相続が発生した場合、その孫は子としての法定相続分と代襲相続の法定相続分の両方の相続分を取得します。

例えば、被相続人には子ABCがおり、被相続人とAの子(被相続人からみて孫)Dは養子縁組をしているとします。
被相続人の相続が発生する前に被相続人の子Aの相続が先に発生した場合、Dは被相続人の養子としての相続分とAの代襲相続人としての相続分を合わせた相続分を取得します。

相続資格が重複する場合

ここで、Dの相続分はいくらになるのか計算していきたいと思います。

まず、養子としての相続分を計算します。養子は実子と同じ相続分の為、被相続人の子どもは、子ABCそして養子Dの4人として計算します。
その為、養子としてのDの相続分は1/4です。

続いて、代襲相続人としての相続分を計算します。
Aの相続分は、先に計算したとおり1/4です。
この相続分をDが代襲相続人として相続する為、Dは代襲相続人として1/4の相続分を取得します。

従って、Dの相続分は養子としての相続分1/4と代襲相続人としての相続分1/4の合わせて2/4を取得することができます。
(Bは1/4、Cは1/4、Dは2/4)

普通養子と特別養子では相続における権利が異なる

2-3.遺言書

孫に遺贈する旨が記載された遺言書を作成した場合、孫に財産を承継することができます。

通常、孫は法定相続人とならない為、遺言書や養子縁組等の手続きを行わなければ財産を承継することはできません。

孫にご自身の財産を承継させたい場合は、遺言書を遺しておくことが効果的です。
不動産や預貯金等、特定の財産を承継させることもできますし、「すべての相続財産のうち3分の1をAに遺贈する」というように、相続財産の全体に対する配分割合を示して承継させることもできます。

▼詳しくはこちら
相続や贈与とは違う!理解しておきたい遺贈について徹底解説

2-4.保険の受取人に指定する

生命保険金の受取人を孫に指定することにより、孫に生命保険金の受け取り金額を承継させることができます。

生命保険金は、「受取人固有の財産」として民法上の相続財産に含まれないことから、遺産分割が不要です。
つまり、法定相続人と遺産分割協議をする必要はなく、受取人として指定された人が生命保険金を受け取ることができます。

ただし、民法上は相続財産に含まれませんが、相続税法上は「みなし相続財産」として相続税の課税対象財産となります。
受取人が法定相続人ではない場合で被保険者に相続税が発生する場合には、2割加算した相続税が課されることとなりますので注意が必要です。

3.孫に財産を移すメリット

3-1.相続財産の圧縮

生前に孫に財産を移すことで、相続発生時の相続財産を減らすことができ、相続税対策を図ることができます。

3-2. 相続を一代回避できることによる節税効果

被相続人から孫に財産を移すことにより相続税を一代回避することができ、相続税対策を図ることができます。

3-3. 相続発生3年以内に贈与した財産もOK

法定相続人に贈与した場合、贈与した時から3年以内に相続が発生すると贈与した財産も相続税に課税しなければなりません。
つまり、相続開始3年以内に贈与した財産は、贈与により既に被相続人の財産ではなくなっていますが、相続税の課税対象財産として課税されます。

しかし、この規定は被相続人の法定相続人に贈与した場合に適用されます。
孫等の法定相続人以外の方に贈与した場合は3年以内に相続が発生したとしても相続財産に戻され相続税課税対象財産とされることはありません。

4.孫に財産を移すデメリット

4-1. 相続税が2割加算

孫が相続財産を承継した場合、2割加算された相続税が課せられます。

4-2. 他の相続人と揉める可能性が高まる

孫が複数いる場合で、特定の孫への贈与や養子縁組をする等して財産を承継する場合、他の孫やその親を含む親族と関係が悪化する可能性があります。

また、孫を養子にすると、相続人が増える為、遺産分割協議がまとまりにくくなる等のトラブルが発生する可能性もあります。
特定の孫への贈与や養子縁組をする際は、他の相続人のことも十分に配慮され、手続きをされることをお勧めします。

5.注意点

5-1.遺言書が必須

法定相続人でない孫が相続する為には、孫に遺贈する旨の遺言書を遺す必要があります。
遺言書がなければ孫は法定相続人でない為、相続する権利がないからです。

一方、孫が法定相続人となる場合が2つあります。
1つは「2-2.養子縁組」でご紹介したとおり、被相続人と孫が養子縁組をして、孫を法定相続人にすることです。

2つ目は、子(孫の親)の相続が既に発生している場合です。
この場合、孫は代襲相続人として子と同じ相続分を受け継ぎます。
つまり、代襲相続の場合の孫は法定相続人である為、孫へ財産を遺す方法を取らなくとも、子が相続する場合と同じ条件で財産を受け継ぐことができます。
その為、相続税の2割加算等もありません。

しかし、法定相続人が相続することになる為、被相続人の相続発生から3年以内に贈与された財産は相続財産に戻されてしまうので注意して下さい。

5-2.贈与契約書の作成

財産移転後の資産管理がきちんとできないと、贈与の事実に対して疑問が生じ、税務署等からの指摘を受け、後々余計な税金がかかる場合があります。
その為、贈与を受ける度にきちんと贈与契約書を作成されることをお勧めします。

これは、高額なものを贈与する場合だけではなく、非課税枠の範囲で行なう暦年贈与の際にも、贈与契約書を作成することをお勧めします。

万が一、税務署から尋ねられた際に、贈与をしたこと・受けたことの証拠の1つとして提示することが可能となります。

6.まとめ

今回は、お孫さんに賢く財産を遺す方法についてご説明しました。
ご自身のお子様も大切ですが、かわいい孫に財産を遺したいと思われている方も多くいらっしゃると思います。
しかし、通常の場合は何もしなければ孫に財産を承継させることはできません。

孫に財産を遺す方法としては、生前に贈与する方法と相続が発生した時に財産を譲り渡す方法があります。
また、その中でどの方法を使うことが最も良いかどうかは、財産を譲り渡す方やそのご家族の状況によって変わります。
その為、相続の専門家にご相談されることをお勧めします。

著者:山﨑 あすか(相続診断士)
監修:税理士法人エスネットワークス

相続が発生したらまずは相談を【お金の知りたい】の無料相続相談

大切な人がお亡くなりになると、悲しむ暇も無いほど、やることがたくさんあります。
何をどうやってどれから進めれば良いのかわからなかったり、余計な手間や時間、支出を避けたいと思っている方は多いと思います。

そう思われる方は「お金の知りたい!」がオススメする無料相続相談を是非ご活用ください。
経験豊富な相続診断士がしっかりとお話を伺い、スムーズな相続のお手伝いをいたします。

詳細はこちら