気軽な資金移動の恐怖/完全版!名義預金の回避方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「名義預金」という言葉を耳にしたことはありませんか?

自分に何かあったときに残された家族が困らないように、少しでも節税できるようにと、自分の口座から妻や子の口座へコツコツと預金を移しておいた。家計のやりくりをしていた妻が、毎月の給料をやりくりして余った分をこっそり貯めておいた。これらのお金の移動が、相続のときに名義預金としてみなされてしまったという事例を、数多く聞きます。

せっかく生前贈与したつもりが、名義預金として後になって税務署から追徴されてしまっては、意味がありません。

今回は、名義預金と贈与のちがい、名義預金とみなされないためのポイントや名義預金になってしまった事例についてご紹介します。

スポンサードリンク

 1. 名義預金とは

名義預金とは、配偶者や子・孫などの名義で預金をしているもので、収入から考えると、実質的には真の所有者が被相続人である預金のことをいいます。

つまり、名義を借りているだけの状態、ということです。

この「名義預金」は、被相続人の財産と判断され、被相続人の相続の際には相続財産としてみなされてしまうため、課税の対象となります。

税務署は、管轄内の個人や法人が正しく税金を納税しているかどうかを常にチェックしています。

中でも特に厳しくチェックされているのが相続税の申告だと言われています。一般的に、相続税申告をされた方の3割ほどが税務調査を受けると言われており、これは所得税の税務調査の20倍近くの数字に及びます。

そして、税務調査に入られた相続のうち、8割から9割のケースで申告漏れが発覚し、追徴課税をうけるようです。この中で申告漏れが最も多いのが「現金、預貯金」で、全体の約3割を占めています。

税務署にチェックされるポイントのひとつに、その預金が被相続人のものなのか、家族に贈与がされているのか、という点が重要になってきます。

贈与と名義預金は何が違うのか?を見ていきましょう。

2. 名義預金と贈与のちがい

2-1.贈与とは

例えば、誰かが家族や恋人に無償で物やお金を贈ったとします。これを贈与といいます。

また、贈られたお金や物が年間110万円を超えた場合には、贈与税がかかります。

2-2.贈与と認められるためには

贈与とは、「当事者の一方が自己の財産を相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる」と民法で定められています。

要するに、

・あげますという意思表示

・もらいますという意思表示

これら2つが揃って初めて「贈与」が成立するのです。

2-3.贈与契約書とは

贈与をする方と、される方とが、合意をすると贈与契約が成立します。

このとき口約束でも良いのですが、贈与は、贈与契約をした時点では当事者同士しか知らないということが多くあります。ですが、他の家族等が認識するのは、主に相続が発生したときであったりします。贈与契約をした当事者の一方は亡くなっていますから、もう一方の主張でしか他の相続人等は確認をすることができません。

ですから、後で親族間でのトラブルを防いだりするためや、税金対策のためにも、贈与があったと当事者双方の意思を証明する契約書として、書類に残しておくことをお勧めしています。

契約書には、

  1. 誰に
  2. いつ
  3. 何を
  4. どんな条件で
  5. どうやってあげるのか

上記5点を、明確に記します。贈与の内容があいまいですと、後になって、親族間でもめ事になったり、税務署に否認されたりします。

  1. 誰に:子供、孫、親、兄弟の名前をはっきりと書きましょう。できれば、戸籍に記載されている名前と同じ名前にして、関係や生年月日を入れましょう。
  2. いつ:通常、締結日とは、贈与の成立した日にします。税法では、時期や、あげる方、もらう方の年齢などが要件となって税率が決まるため、この部分はとても重要です。
  3. 何を:贈与する物を具体的に書きましょう。
  4. どんな条件で:相続では、自動的に相続人に財産が移転しますが、贈与はお互いの契約です。そのため、どんな条件でもつけることが出来ます。「自分の介護をしてくれたら、死亡した時に」や、「会社を引き継いでくれたら」など、お互いが納得をすれば、契約することができます。
  5. どうやってあげるのか:お金であれば、現金を手渡しなのか、銀行振り込みなのか、などです。仮に銀行振り込みをしていた場合には、通帳の印字が必要になります。

2-4.注意点

贈与契約書は、贈与を成立させ、親族間でのトラブルを防ぐためや、税務署から否認されないことなどに作成する大切な書類です。ですが、遺言書など違い一度契約すると、破棄することが難しいことをご留意ください。遺言書は、自分が書き直したいと思った時にいつでも書き直すことができますが、贈与契約書は、贈与をされる側の方が同意をしてくれないと、後になって契約書を修正することが困難となります。

一時の感情で贈与契約をしてしまい、後で修正できずに困ったという事態にならないように、慎重に贈与契約を交わすようにしてください。

また、何年かに分けて贈与をする場合には、その都度契約書の作成が必要になります。

3. 名義預金とみなされてしまうポイント

税務署は、調査に入る前や調査の中で、色々な情報をヒアリングしてくると思われますが、特に以下のポイントに注意して調査を進めてくると思われ、これが判断の基準とされています。

ご自身が家族名義で開設されている口座の状況、また、自身の名義で家族が開設してくれた口座の状況を比べて、改善すべき点はないか、確認してみてください。

3-1.預金の管理・運用者

贈与とは、相手に財産を渡して、自由に使うことが出来て初めて贈与といいます。

ですから、預金通帳やキャッシュカード、印鑑は本人が管理するようにしましょう。通帳や印鑑の場所を、名義人本人が把握していなかったり、そもそも、名義人本人が口座の存在を知らなかった場合には、まぎれもなく名義預金と判定され、亡くなった方の財産として扱われてしまいます。

ですから、財産を受け取る側の方は、自身の名義で口座が開設されていたとした場合、通帳と印鑑はご自身で管理をするようにし、自由にお金を引き出して運用していたという実態を残しましょう。

3-2.口座開設時の印鑑

亡くなった方の家族名義の口座開設時の印鑑が、亡くなった方の印鑑で、本人(亡くなった方)の通帳に登録されている印鑑と同じものであった場合、名義預金とみなされる可能性が高くなります。

3-3.財産の出所

名義人になっている方が、専業主婦や子・孫だった場合、税務署にはその資金の出所を問われます。

その時に、亡くなった方が遺族のためを思って、生前に積み立ててくれた預金ですと主張したとしても、それはもとを正せば亡くなった方の財産をしてみなされるです。

であれば、贈与契約書を見せて下さいと言われてしまうでしょう。

また、例として聞くのが、専業主婦の方が家計をやりくりして貯めたお金だから自身の財産であると主張される方もいますが、これも相続財産として含まれます。

税務署は亡くなった方や残された方の預金を把握することが可能です。基本的に、全ての金融機関に対して照会を行い、照会を済ませた上で調査に入ると言われています。

名義人になっている方が、その財産を保持しているに足る収入がない場合などは、調査の対象になる可能性が高くなります。

3-4.贈与税の申告をしているか

贈与する金額が110万円を超えた場合には、贈与税の申告が必要になります。(贈与を受けた年の翌年2月1日~3月15日までの間に申告をします)

贈与税の申告書と、2-3でご説明した贈与契約書を作成し、贈与税を納税しましょう。

4. 名義預金に時効はあるか

贈与の場合、贈与されたことを知らずに、納税や申告をせずに6年経過してしまったら時効になります。申告の必要があると知りながら、納税、申告をしなかった場合は7年経てば時効になります。

では、名義を相続人に移した時から7年以上が経過し、相続が発生した場合、時効が認められるのか・・・というと、認められません。

7年前に贈与申告をし、贈与契約書を作成していなければその財産は相続財産としてみなされてしまいます。

贈与には時効があるという点に着目して、時効になるのを待てば良いと思う方もいるかもしれませんが、贈与を主張するのであればきちんと贈与契約を交わしておかないと後々認めてもらえません。もちろんその時に贈与税申告・納税も必要です(110万円を超える場合)

結局のところ、贈与契約をして贈与税申告をするか、後になって相続税申告をするか、どちらにせよまとまった額のお金を移す場合には、税務署の目からは逃れられないという結論に至ります。

5. 名義預金になってしまった事例

5-1. 子の生命保険

母は、生前から子の金遣いの荒さを懸念し、自分に何かあった後に子が生活に困らないようにと子の口座を作り、子を契約者として生命保険に加入していました。

子はこの事実を知らず、母が亡くなってから毎月お金が入るようになりました。しかし、のちに税務調査が入り、この口座に残っていた財産と保険が相続財産の対象となってしまったのです。

5-2. 妻のへそくり

子がいない夫婦で、妻は専業主婦でした。

夫が亡くなった時、妻の口座には1億円の貯金がありました。

この夫婦は夫が仕事で忙しく、妻に寂しい思いをさせるからと毎月生活費として100万円を渡していたのですが、これを貯めていたものが税務署から指摘されてしまったのです。

生活費は原則非課税であるが、それを大幅に超えるものは贈与、または夫の財産として見なされてしまうのです。

5-3. 孫への贈与

祖父は、娘と孫がいますが娘とは折り合いが悪く連絡をあまり取り合っていない状態でした。ただ、孫のことは可愛がっていて、孫はまだ小さいが自分の財産を遺してあげたいと、孫名義の口座を作って、毎年いくらかをその口座に振り込んでいました。

まだ孫が小さかったため、通帳や印鑑などは祖父が管理をしており、娘はその事実を知らされていませんでした。

数年後、祖父の相続が発生した際に、この孫名義の口座は祖父の相続財産として見なされてしまい、相続税の対象となってしまいました。

まとめ

今回は、名義預金と贈与の違い、相続発生後に名義預金としてみなされないように気をつけるポイント、名義預金になってしまった事例をご紹介させていただきました。

知らず知らずのうちに、ご自身の口座が、また、ご自身の家族に善意で作った口座が名義預金の対象になっていないように、今一度ご確認ください。

名義預金としたつもりはなかったとしても、仮に相続が起こり相続税申告が終わった後に税務調査が入りそこで名義預金として相続財産扱いになってしまった場合、追徴課税されることもあります。

家族のためを思ってお金を積み立てていたとしても、後になって払わなくて良かった税金を納めることになってしまっては、意味がありません。

まとまったお金を動かした場合、税金が課されないことはないと考えていただき、そのお金にかかる税金が何税にあたるのか、そして、申告・納税・契約書作成という形で、動かしたという証拠をきちんと残しておきましょう。

著者:相続ハウス 栗田千晶(相続診断士)
監修:税理士法人エスネットワークス

相続が発生したらまずは相談を【お金の知りたい】の無料相続相談

大切な人がお亡くなりになると、悲しむ暇も無いほど、やることがたくさんあります。
何をどうやってどれから進めれば良いのかわからなかったり、余計な手間や時間、支出を避けたいと思っている方は多いと思います。

そう思われる方は「お金の知りたい!」がオススメする無料相続相談を是非ご活用ください。
経験豊富な相続診断士がしっかりとお話を伺い、スムーズな相続のお手伝いをいたします。

詳細はこちら